人活®サポーターとは

 人を活かす専門家  人活®サポーター

今、働き方改革、メンタルヘルス、ダイバーシティ、ハラスメント対策など取り組む課題は多々あり社内・組織内の仕組みづくりは必須です。

       組織は人が礎であり、人は心が礎です

例えば 社内でこんな事が起こっていませんか?

□分かっているができないという経験をした事が ある
□⾃分と相⼿との間に「壁」のようなものを感じた 事がある
□周りの⾏動を⾒るとイライラすることがある
□⾔っていることが伝わらないことがある
□⾯談で何を話していいか分からない
□話そうとすると緊張してしまう
□踏み込んで話ができないと感じた事がある
□⾝近な⼈ほど意思疎通がうまく取れない事がある
□気遣いをしすぎて疲れてしまうことがある
□スランプになるとなかなか抜け出せない事がある
□社内の雰囲気が良くない時がある

これらが人活で解決!!


誰にでも起こりうる⼼の悩みがどのようなプロセスで 起こり、どのようにすれば解決へと向かうのかを知ることで、⾃らが好ましい⾃分と好ましい組織環境を作り活かす主役であることを知り、⼀⼈⼀⼈が ⼼⾝思考のバランスが取れた状態を習慣化することを⽬的としています。

人活®サポーターが活躍している組織では

<人活®サポーターの声>

「お客様からのクレームの電話で 右往左往していた社員に、 ⼈活®で学んだことを活⽤する ことで、今までなら約1週間引きずっていたことが数分で 解決したことは感謝でしかありません!」

「ちょっとした⾏き違いから起こっていた社員間の批判が、共依存の仕組みがわかったことで社員全員が合⾔葉のように「共依存に⼊ってない?」と確認しあえ、共存への解決策を考え⾏動できるようになり、社内の雰囲気が良くなりま した」

<人活®サポーターによる組織内の効果は他にも>

  • 社内の雰囲気が良くなった
  • 笑顔が増えた
  • 意見が飛び交うようになった
  • 作業効率が上がった
  • 問題解決が早くなった
  • 定着率が良くなった
  • 上下関係がスムーズになった
  • リーダーが育った など

これらの課題に取組む社員一人ひとりが自らの心を健康に取扱うならば、身体と思考は豊かに活用され、いきいきと自分らしく生きがい、働きがい、目標を見出し達成し続ける風土になり、さらなる推進力となります。好ましい健康企業風土の実現に向けて。

人活®サポーターについて

人活®サポーター認定者は、下記のように構成されています。

人活®サポーター基礎認定者 「心のしくみを理解している」
人活®サポーター2級認定者 「心のしくみを分析できる」
人活®サポーター1級認定者 「心のしくみに介入できる」

人活®基礎認定講座のご案内

 

ページ上部へ戻る